公正証書遺言って何?

公正証書遺言とは遺言者が公証人役場に行くか、公証人に来てもらい公証人が作成する遺言です。

公証人とは法務大臣が任命監督する公務員で公証役場で執務しています。まず、2人以上の証人の立会いの下で遺言者が公証人に遺言の内容を口頭で伝えます。公証人は遺言者の口述を筆記して、これを遺言者と証人に読み聞かせるか閲覧させます。遺言者と証人は、その筆記が正確なことを承認した後、各自これに署名、押印します。遺言者が署名できない時には公証人がその事由を付記することで署名に変えることができます。最後に公証人はその証書が所定の方式に従って作成したものであることを付記して、これに署名し印を押します。浮気をされたときの親権無料相談はこちらです。
この方式の遺言は、字が書けない人や、病床にある人でも遺言を作成することができます。公証人という専門官が関与するので方式の不備、遺言内容の不明が生じにくく、公文書としての信用性があり家庭裁判所での遺言書の検認が必要ありません。遺言の原本が公証人役場に保管されるので、遺言書の滅失、偽造の心配がないといった利点もあります。他方、費用や時間がかかりますし、遺言の内容を公証人と証人の前で口述することになるので遺言の存在や内容を完全に秘密にしておくことができないというデメリットもあります。